お朔日参り。

毎月、朔日(ついたち)にお参りすることを「お朔日参り」と言うのだそうです。
「今月も無事に過ごせますように…」と、お願いをするのです。

お朔日参り。今まで神社の近くに住むことはあったのですが、全国各地にもある文化とは知らず。私は多賀町に来て初めて知りました。
それもそのはず、このお朔日参りに合わせて「おついたち市」というものがあると聞いて、なんだろう?と行ってみたことがきっかけなのです!

実際の「おついたち市」のようす。
多賀大社すぐ側に露店が並び、採れたて野菜、お菓子、コーヒー、軽食など、朝早いお参り後に寄られる参拝者の方々がみられました。朝ごはんがまだだった私は朝食を買ってこのまま大学に行くことも。

より多賀大社が身近に感じますね。

そして、この季節の果物「マクワ」がたくさん!
これも、多賀町に来て初めて知りました。畑で良く採れたマクワは、昔から夏のおやつとして親しまれています。甘い香り、黄色のこの形が良い!メロンのような甘さと、梨のようなシャキシャキした食感が、おいしいのです。

「お朔日参り」と「おついたち市」。毎月の楽しみになってます。

●「おついたち市」
日時
毎月朔日 8時から10時
場所
多賀大社境内外西側

コメント